スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

七夕

今日は七夕!

短冊にお願い事をかくんだと

我が施設でも利用者さん、職員一人一人お願い事を書き、吊るしました

勿論私も願い事を書きましたとも

え? どんな事を書いたかって?







「戦争やテロが世界から無くなりますように」

めっちゃ浮いてたけどねw


ランキングに参加中! 応援してけれぇ~

にほんブログ村
スポンサーサイト
2013-07-07(Sun)
 

お年寄りを信用するな!(食品)

今日職員から

「利用者さんから飲み物を貰ったの」

と、一本の飲み物(クロレラ乳酸菌)を貰った

私は何も疑うことなくそれを手にし、一気に飲み干した

そんな時だ

「ぐぎゅるるるるるるるる・・・!」

私のお腹の中でなにかが叫んでいるのが分かる

直後、強烈な痛みがお腹を襲った

私はまさかと思い、クロレラ乳酸菌の賞味期限を確認してみた

6月18日

・・・・・・

・・・

しかも常温保存

・・・・・・

・・・

なるほど、あの叫びはクロレラだったのかとすぐに理解した

そしてそれは叫びなどではなく、私をバカにした笑い声だったのだと、そう理解した

訪問先でよくお菓子やパンなどがふるまわれる事が多々ある

そういえば、貰うパン、お菓子が妙に硬かったり、パサパサしたり、萎れていたりしたものが多い

1月も20日を過ぎたあたりに

「これ、クリスマスの時の残りだけど、まだ大丈夫でしょ」

と、ニコニコしながらモンブランを差しだされた時もあったなぁ

(その時は心で泣きながら食べました、相手の好意を断ることは私には出来なかった)

えぇ、維持で食べました

親に話すと、老人の出す食べ物は信用しちゃあいけないよ(笑)と先ほど言われました

確かにそうだ

今後はこと食品に関しては絶対にお年寄りを信用しないと心に誓った日になりました



あぁ・・・それにしても不覚だったなぁ



ランキング参加中! 応援宜しくお願いしますっ

にほんブログ村
2013-07-05(Fri)
 

介護という仕事とは?

本日、同じ職場の職員にこのような事を言われた

私が利用者さんとコミュニケーションをとっている時にだ

「仕事をしろ」

その瞬間わが耳を疑った

私は介護現場においてまず第一に考えていることの一つが「対話」である

そう、いわゆるコミュニケーションの一つである

たとえ一言でも、二言でも

利用者さんと対話をすることで自然と相手の事が分かってきたり、ニーズを知ることができる

唯一のツールである

そのほかにも会話をすることで笑い会うこともあろう、困らせてしまうことだって

時には怒らせてしまうときだってあろう

しかしそれは人間なら誰しもが持ちえる「感情」、喜怒哀楽である

それらを面に出すことで人は成長ができるし、表情も豊かになれる

そこから生きがいを見つけ出すきっかけをも見出すこともできる

介護員とはそうしたお手伝いの担い手というのが本当の姿ではなかろうか

利用者さんとの対話が仕事でないとするならば、介護員など必要ないではないか

おむつチェックが仕事なのか?

リネン交換が仕事なのか?

それとも記録を書くことが仕事なのだろうか?

確かにそれらも仕事の中の一つであろう

しかし、利用者さんをないがしろにした介護だけはあってはならない

「尊厳」とは何か

今一度考え直す必要があるのではなかろうか

・・・・・・

・・・

ふぅ









コミュ症なオレでも真剣にやってんだよバカ野郎~~~~~~~!きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

あ、決してこれが言いたかっただけじゃないよ? ホントだよ?(笑)

ランキング参加中! 応援よろです!

にほんブログ村
2013-06-27(Thu)
 

世間ではゴールデンウィークに入っているようです

だが我々にはそのようなもの存在しないのだ!

あぁ~

休みたいなぁ・・・

長期休暇・・・とれるものならとりたいものだが

ふぅ

さて、現実をみましょう

今日も仕事だ、程々に頑張るとしましょか



にほんブログ村
2013-04-29(Mon)
 

ターミナル

やはり人の死というものには慣れはできない

いや、決して慣れてはいけないだろう

先日、一人の入所者が亡くなった

確かに私はこの施設で働きだして日は浅い

他の職員と違って利用者たちとの想い入れも少ない

だがしかし

それでも私にとっては第2の家族で、大切な人には変わりない

他の職員からは「慣れだよ」と言う人もいるが

私にはそう簡単に割り切ることは出来そうもない

いや

してはいけないものだと、やはりそう思う

人の死を「慣れ」の一言で吹き飛ばして良いわけがない

確かにこの世界には死とはつきものである

要はそれをどう乗り越えていくかで

今後の成長過程で差が出てくるのではなかろうか

ランキングに参加してます! あなたの1クリックが私の励みになります!

にほんブログ村
2013-04-28(Sun)
 
プロフィール

 とるね~ど

Author: とるね~ど
現在秋田で介護職をしている20代の男です

行政書士試験合格を目指し、独立開業することを目標に

日々ストレスに耐えながら何とか頑張っています

人は一人では生きていけない

必ず誰かの助けが必要な時が必ず訪れる

その時に快くその人に手をさしだし

あなたがいてくれて良かった、と

そう思われるような人間になりたいものです

最新トラックバック
訪問感謝です!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
FC2チャット
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。